Blog

ブログ

  1. コンプリートホーム
  2. ブログ
  3. お家づくりの様子

【新築】ウレタン吹付。

お家づくりの様子


こんにちは!

本日は【新築】についてのお話です。

現在弊社では、皆様にご覧頂けるよう鯖江市でモデルハウスを建築しています。
そこで今回使用する断熱材は「アクアフォーム」と呼ばれるウレタン系断熱材になりました。

この断熱材は、弊社の標準「高性能グラスウール」(以下GW)と違い吹付で充填していく断熱材となっています。断熱性能が劇的に上がるというわけではないのですが、比較的気密を取りやすく安定して人気のある断熱材となっています。GW施工はいつも見て頂いているので、敢えてオプションを施工して見て頂こうという考えです。



施工の厚みはこんな感じ。

天井 200 mm
壁  100 mm

施工出来る最大の厚みを吹付の際は採用しています。



熱橋と呼ばれる外と中を繋ぐ材料も吹き付ける事で金物へ結露することも防いでいます。
また、電気ボックス回りもきちんと施工することにより気密性も同時に確保することが出来ます。

この考え方は、実はGW施工の際にも同じ事が言えます。


また、外部の透湿防水シートの部分はふくらみにより通気層が潰れてしまう!という事で施工が非常に難しい部分ではあるので弊社では通気層の確保とウレタンの防御層の確保のため3回に分けて施工することをマニュアル化しています。

なかなか専門的なお話にはなりますので、ご興味のある方はぜひお問い合わせください!
吹付たばかりの現場もお見せすることも出来ます(笑)

新築・おうちづくりの内容は弊社ツイッターアカウントでも随時更新します!
Youtubeチャンネルも近々オープンしますので、是非ご覧ください。

Twitter
コンプリートホーム公式


現場見学

お家づくりの様子

建方が終わり1週間がたち、ちょうど打合せがあったのでお施主様と一緒に現場に行ってお家完成のイメージを膨らませてきました。吹き抜けやスキップフロアがあったりとワクワクするお家です( *´艸`)



大きな窓から見下ろせる景色はきっと気持ちがいいでしょう!



お施主様もこの吹き抜けの天井の高さにテンションが上がっていらっしゃいました!(^^)!



ちょうど、スキップフロア部分の写真です。まだ骨組みだけで図面をご覧になっていないと何が何かわからないと思いますが、どんな風に変化していくかご期待ください!


建方①

お家づくりの様子


本日、建方です(*'▽')新興住宅地で1番目の建て方になり、ここから一気に新築工事が始まるでしょう。



順調に作業が進み、あっという間に家の形が見えてきました。この後、屋根工事や外壁工事、内装工事へと進みます。今までは図面上でイメージするだけでしたが、実際に出来上がっていくのはワクワクしますね( *´艸`)今日も暑い1日となり、職人さんも現場監督も真っ黒でした。これからも、安全第一で作業を進めてまいります。本日はおめでとうございました!


建方

お家づくりの様子

台風10号が通り過ぎ、なんとか建方ができそうです(*'▽')ホッとしました!図面も住宅設備もパパッと決まったお施主様でした。今日はまだ、実感が湧かないとおっしゃっていましたが、少しずつ形になるに連れて気持ちも変化していくことでしょう。



午前中は結構な雨が降り、大工さんは体が冷えて寒いと・・・午後からは太陽が復活して蒸し暑く!汗ダラダラでたいへんな1日だったと思いますが、無事終えることができました。ありがとうございました!





土台伏せ

お家づくりの様子


最高気温37℃にも上がった真夏の暑さの中、土台伏せが行われました(*´ω`*)建方を行う前に基礎の上に、土台となる木材を配置する1日がかりの大事な作業です。

基礎と土台の間に黒のラインが入っているのがわかると思います。これは基礎パッキンといって基礎の通気をするための物です。



以前は基礎部分に床下換気口を開けてそこから通風を確保していましたが、空気が流れにくく、角に空気だまりにができることや基礎に換気口の穴を開けるため、ひび割れなどでコンクリートの基礎耐力が落ちるなどの心配や問題があり基礎パッキンが登場しました。従来の換気口より1.5~2倍の換気性能を発揮!湿気が土台に上がることを防ぎ、シロアリ被害も未然に防ぐ効果も期待できるようになりました!



このようにアンカーボルトで土台と基礎をしっかり固定します。その他にも建物に引き抜く力がかかった場合に対抗するために、1階では基礎又は土台と柱、2階3、4階では上下階の柱と柱に取り付け、耐震性を確保しています。写真をよく見ると長い棒状の物が出ていると思いますがこちらがホールダウンです。この部分に通し柱が来ます。

8月20日が建て方です。前準備としてこんな作業があることも知っていただければと思います(^^)/


新着情報

カテゴリー

アーカイブ