Blog

ブログ

  1. コンプリートホーム
  2. ブログ
  3. コラム

断熱材は何を使っていますか?

コラム

家作りの中で最も重要なポイントは何だろう、と考えさせられる話がありました。

先日、ある模擬体験の中で御社の断熱はどうなっているのか、というご質問を頂きました。
弊社として何をしているのか、そういうご質問であったのではないかと思います。

断熱材をどうするかという点について、暖かい家作りを検討する中で当然欠かせない要素です。
例えば、弊社で標準採用しているグラスウールは湿気にも強く経年劣化もしにくい上に価格にも優れた非常に優秀な断熱材です。とはいえ、施工の手間が非常に大工さんの手に委ねられるという点が難しい部材でもあります。

その他、良く対比される断熱材としては吹き付けウレタン系、吹込みセルロースファイバー系断熱材や、最近の高気密高断熱住宅では採用数が多いウレタンパネルを使ったパネル断熱材など。数を挙げればキリがないものです。そして、それぞれの商品にそれぞれのメリットやデメリットが存在し、最も優れたものはこれだ、という判断は出来ないのです。

私たち家作りのプロが本気の「家作り」を考える上で、実は断熱材の素材が何かという点についてはあまり重要視していません。

なぜなら、最も重要な点は「何を使うか」ではなく「何を使うか、を理解しているか」であるからです。

家というのは、数えきれないほど多くの建材や部品などから構成されているものですが、工法を始め絶対的な正解を求めていない自由な世界で作られています。その中で最も重要な点は何か、と言えばまず間違いなく「きちんと施工すること」であると言えます。

つまり、どんなに優れた工法で、どんなに優れた材料を使ったとしても、我々施工者が真面目に一つ一つの現場に向き合い、その上で確実な施工を協力業者と手を取り合って進めて行くことが最も重要な点だと感じています。


新着情報

カテゴリー

アーカイブ